9/9(水)のお食事は、『重陽の節句』にちなんだお食事をご用意しました。

《お品書き》
・栗ご飯
・天ぷら(かぼちゃ・ナス・えび)
・胡瓜の菊花和え

「重陽の節句」と聞いても、あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。
そこで、少しだけ由来や歴史についてご紹介します。

重陽の節句は、馴染みのある「七夕」や「端午の節句」と並ぶ五節句と言われています。

古来中国で、「9」は縁起の良い陽数と呼ばれ、それが重なる9月9日を「重陽」と呼び、節句の1つとしました。旧暦において旬の菊や栗を食べて、健康を祈願していました。
特に、菊は「仙境に咲く霊薬」として、邪気を払い長寿の効能があると信じられていたそうです。

重陽の節句では、菊や栗を食べて邪気を払い無病息災や長寿を願います。
今回は、胡瓜の酢の物に菊花を和え、栗ご飯をご用意しました。
天ぷらも当院の人気メニューの1つです。

みなさまが健やかに過ごせますよう願いを込めて、作らせて頂きました。
次回の行事食もどうぞお楽しみに。

栄養部 三好